介護サービス利用の手順


(鎌倉市  「介護保険ミニガイド」より)

要介護認定の申請をする

介護サービスを受けるためには、市役所に「介護が必要」と認定してもらう必要があり、そのためには、「申請」が必要です。

急に介護が必要になった場合も、申請の日にさかのぼって介護保険が適用されますので、まず、申請することが大事です。

本人名で申請しますが、本人はできない場合が多いので、家族が申請するとよいでしょう。申請書に「かかりつけ医」を記入する欄があります。普段から通院している医院や病院名と担当医師の名前を控えていきましょう。

申請は、直接、市役所介護保険課の窓口へ行くか、申請を代行してくれる事業者に依頼します。代行料は無料です。

代行してくれる事業者は「居宅介護支援事業者」といい、ケアマネジャーのいる事業所です。

訪問調査を受ける

市役所の職員か、市から委託されたケアマネジャーが、自宅や施設に来て、介護が必要なご本人の状態を、ご本人や介護者に聞き取り調査します。とかく、ご本人は調査の日には張り切りがちですが、日常の様子を知ってもらうことが大切です。介護者は、日頃の様子を調査員に説明するとよいでしょう。

判定結果が届く

訪問調査の結果と、市役所が取り寄せた「かかりつけ医の意見書」を資料に介護認定審査会が開かれ、認定の判定結果が決まります。  判定結果は「要支援・要介護認定等結果通知書」という文書で、郵便で市役所から届きます。申請を受け付けてから判定結果を出すまで30日以内と決められていますので、ひと月経っても結果が届かないときは、市役所に問い合わせてみましょう。

ケアプランを作ってもらう

在宅で介護を受けるなら、ケアマネジャーを決めてケアプラン(介護サービス計画)を作ってもらいましょう。ケアマネジャーは決まりましたか?

介護サービスを受ける

(鎌倉市  「介護保険ミニガイド」より)