病院には、医療相談室または地域連携室など退院にあたっての相談窓口があります。
そこには相談員として看護師や医療ソーシャルワーカー(メディカルソーシャルワーカー=MSW)がいます。
まずは、医療ソーシャルワーカーに相談してみましょう!相談料は基本的に無料です。

退院後はどのような生活を希望していますか?

(1) 家に戻って今まで通り暮らしたい

  • 体力さえ回復すればOK
  • 介護保険の認定を受けて、サービスを利用したい

在宅生活のための環境は整っていますか。福祉用具のレンタルや住宅改修も検討してみましょう。

本人の病院での状況を基に、今後の生活をイメージしていきましょう。医療ソーシャルワーカーは、本人、家族、病院スタッフ(医師、看護師、リハビリスタッフなど)とケアマネジャーとの合同の話し合いの場を作ってくれます。

(2) もう少しリハビリを続けたい

  • リハビリ専門病院・施設に転院(入院中の病院に相談)
  • 在宅で、介護認定後にリハビリ施設へ通所、または訪問リハビリを受ける

本人の状況によって可能な選択肢、必要なリハビリテーションは異なります。どのようなものが適当か相談しましょう。

(3) 施設に入ることを検討したい 

心身の状況、周囲の環境、施設の空き具合などによって利用できる施設が異なってきます。

  • 有料老人ホーム等
  • 介護老人福祉施設等
  • 小規模多機能居宅介護施設の利用等
  • 地域密着型介護保険施設等

それぞれの施設の特徴について、医療ソーシャルワーカーに聞いてみましょう。本人にとってどのような施設が適当かを一緒に検討したり、申込方法などを教えてくれます。 入院前に介護保険利用の場合は担当のケアマネジャーとご相談ください。

退院後介護保険サービスを利用したい

介護認定を受けていない

入院中に申請できます。

入院前に介護保険サービスを使っていた

担当のケアマネジャーが相談にのります。