介護保険とは?

介護保険制度はいつから始まった?

平成12年(2000年)4月からスタートした新しい制度です。 (1)家族介護に頼るのではなく介護を社会全体で支える、(2)介護のための費用負担と給付費の関係を明確にする、(3)利用者の判断でサービスが選択できるようにすることをねらいとし、制度が始められました。

保険を運営するのは誰?

鎌倉市民が使う介護保険の制度を運営するのは、鎌倉市役所です。 市役所の担当窓口は、高齢者いきいき課介護保険担当です。

保険には全員入るの?

40歳以上の人が自動的に入る(保険料を払う)ことが法律(介護保険法)で決められています。保険制度なので、保険料を払っても、結果的には保険を使う人も使わない人もいます。 介護保険が利用できるのは、65歳以上の介護が必要であると認定された人と、40歳から64歳の特定の病気により介護が必要であると認定された人です。

介護保険の保険証は?

介護保険の保険証(正確には被保険者証)は、65歳になると市役所から送られてきます。介護保険を利用するようになったときに必要ですから、大切に保管しておきましょう。 介護が必要になったときに見つからない場合は、再発行してもらえます。

介護保険の自己負担は?

鎌倉市の介護保険の運営に必要な経費は、市役所のその他の会計とは独立した特別会計(別の財布)になっています。 介護保険サービスを使うと、所得に応じてかかった費用の8割または9割が保険から給付されるので、利用者は残りの1割または2割を自己負担します。

介護サービス利用の手順

要介護認定の申請をする

介護サービスを受けるためには、市役所に「介護が必要」と認定してもらう必要があり、そのためには、「申請」が必要です。 急に介護が必要になった場合も、申請の日にさかのぼって介護保険が適用されますので、まず、申請することが大事です。 本人名で申請しますが、本人はできない場合が多いので、家族が申請するとよいでしょう。申請書に「かかりつけ医」を記入する欄があります。普段から通院している医院や病院名と担当医師の名前を控えていきましょう。 申請は、直接、市役所介護保険課の窓口へ行くか、申請を代行してくれる事業者に依頼します。代行料は無料です。 代行してくれる事業者は「居宅介護支援事業者」といい、ケアマネジャーのいる事業所です。

訪問調査を受ける

市役所の職員か、市から委託されたケアマネジャーが、自宅や施設に来て、介護が必要なご本人の状態を、ご本人や介護者に聞き取り調査します。とかく、ご本人は調査の日には張り切りがちですが、日常の様子を知ってもらうことが大切です。介護者は、日頃の様子を調査員に説明するとよいでしょう。

判定結果が届く

訪問調査の結果と、市役所が取り寄せた「かかりつけ医の意見書」を資料に介護認定審査会が開かれ、認定の判定結果が決まります。  判定結果は「要支援・要介護認定等結果通知書」という文書で、郵便で市役所から届きます。申請を受け付けてから判定結果を出すまで30日以内と決められていますので、ひと月経っても結果が届かないときは、市役所に問い合わせてみましょう。

ケアプランを作ってもらう

在宅で介護を受けるなら、ケアマネジャーを決めてケアプラン(介護サービス計画)を作ってもらいましょう。ケアマネジャーは決まりましたか?

介護サービスを受ける