かまくら地域介護支援機構

沢山の笑顔の為に地域の皆さまの力になりたい

かまくら地域介護支援機構とは?

更に詳しくはこちら

介護保険制度が円滑に運営されるためには、介護サービス情報の充実や介護サービス提供事業者などの相互の連携、また介護サービスの質の確保と向上を図るとともに、苦情への対応や利用者の意見を制度へ反映させることが求められています。鎌倉市では、このような取り組みをサービス利用者、介護サービス提供事業者、市(保険者)が協働して推進し、市内の介護を必要とする高齢者が良質な介護サービスを受けられるように「かまくら地域介護支援機構」を設立しました。なお、設立後の運営は自主的に行われ、市は構成員の一員となっています。 「かまくら地域介護支援機構」の中には「鎌倉ケアマネ連絡会」、「情報提供委員会」、「研修企画委員会」他各種委員会等を設置してあり、市民の方の参加も得て活発な活動を続けているところです。

ページトップに戻る